「KATE×エヴァンゲリオン」コラボで話題 アニメやコスプレに注目する背景とは

「KATE×エヴァンゲリオン」コラボで話題 アニメやコスプレに注目する背景とは

「KATE×エヴァンゲリオン」コラボで話題 アニメやコスプレに注目する背景とはの画像

カネボウ化粧品(東京都中央区)のメイクブランド「KATE」から、人気アニメ「エヴァンゲリオン」とコラボした商品が発売された。「KATE」は過去にも、コスプレイヤーとコラボするなど、アニメやマンガ好きの人々を惹きつけるプロモーション展開を行っている。このようなプロモーションを行う背景とは。J-CASTニュースはカネボウ化粧品KATE担当者にメールで取材を行った。

「自我が芽生えていくかのような綾波レイの姿がシンクロ」

カネボウは2020年11月4日、KATEとエヴァンゲリオンのコラボレーション商品「ケイト レッドヌードルージュ(EV)」を発売した。「エヴァンゲリオン」は、1995年にTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を放送して以来、高い人気を誇るSFアニメ。今回のコラボでは、同作に登場する14歳の少女「綾波レイ」が起用された。これを記念したプロモーション動画も公開され、SNS上では「KATEらしくもあり、エヴァらしくもある」、「かっこいい」と話題になった。

J-CASTニュースの取材に対して、カネボウ化粧品KATE担当者は11月9日、今回のコラボを行った背景についてこう回答した。

「『自分の色は、自分で決める』というレッドヌードルージュ商品メッセージと、『no more rules.』(自分の色は自分で決める)というKATEのブランド哲学に、『自分の人生は、自分で決める』という自我が芽生えていくかのような綾波レイの姿がシンクロしたことから、コラボレーションのお声がけをさせていただきました」

さらに今回のコラボに当たっては、エヴァンゲリオン愛にあふれたメンバーが集結したという。

「本コラボはハイセンスなKATEの世界を創造しているクリエイティブチームから、特にエヴァンゲリオン愛にあふれたメンバーが集結し制作しました。KATEファンだけでなくEVAファンにも届くよう、双方の思想を表現したクリエイティブになっています」

4色の展開はすべて綾波レイに似合う色に調整

カネボウ化粧品KATE担当者はKATEファン、エヴァンゲリオンファン、さらにはその中でもまだKATEを使ったことがない人にも手に取ってもらいたいと述べる。

「『自分の色は、自分で決める』というレッドヌードルージュに込めたメッセージにもあるように、どんな方にも自分らしく表現してほしい、という想いも込めております」

そして同商品へのこだわりを明かした。

「『綾波レイ、はじめての口紅』ということで、ビジュアル、動画を公開後、ファンの方をはじめ様々な声をいただきました。『私だけの赤。』とメッセージされた唇の色が話題ですが、実は商品の4色展開に合わせて、綾波レイの唇の色は、4バリエーション存在しています。それぞれベージュの重ねる量を調整し、綾波レイに似合う色に調整しています。このように、自分に似合う赤がつくれるレッドヌードルージュは、ベージュを重ねる量で仕上がりのアレンジを無限に楽しむことができます。この『レッドヌードルージュ』の多様な魅力を、ぜひお楽しみください」

このような想いから行われた今回のコラボ、ファンからは続編を望む声も上がっている。今後、他のキャラクターを起用した続編や、別のアニメ作品などとのコラボは行っていくのか。これについては、現時点では答えられないとのことだった。

KATEでは過去にもアニメやマンガ好きをターゲットとしたプロモーションを行っている。J-CASTニュースは、このような取り組みを行う背景や意図についても取材した。

「コスプレメイクブック」の頒布も実施

KATEの企画は以前から、アニメやマンガ好きの人々から好評だ。2018年冬に開かれた日本最大級の同人誌即売会「コミックマーケット」への出展は、大きな話題となった。人気コスプレイヤーの五木あきらさん、火将ロシエルさんらを起用し、同社の商品を活用した「コスプレメイクブック」の頒布を行った。19年にも、池袋で開かれたコスプレイベントに2回出店し、好評だった。

コスプレイヤーを始めとするアニメやマンガ好きの人々に対して勧めているのは、店舗限定商品「STシリーズ」。カネボウ化粧品KATE担当者によれば、このシリーズはメイクに強いこだわりを持ち、プロ視点でメイクを行うメイクマニアをターゲットとしている。

「このメイクマニアにはコスプレイヤーの方が多いということから、過去コスプレイヤーのイベントにも参加いたしました。そこでは、KATEがオリジナルキャラクターを制作し、コスプレイヤーにKATEの商品を使ってそのキャラクターを表現していただきました。そのクオリティの高さが話題となり、商品への興味度も高められたと自負しております」

(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)