鬼滅の刃、ジェンダーレス、漢字一文字... 「赤ちゃんの名前」最新傾向とは

鬼滅の刃、ジェンダーレス、漢字一文字... 「赤ちゃんの名前」最新傾向とは

鬼滅の刃、ジェンダーレス、漢字一文字... 「赤ちゃんの名前」最新傾向とはの画像

ベネッセコーポレーションは2020 年 1 月〜 9 月に生まれた新生児 19 万人を対象に、名前の読みや漢字などを調査し、毎年恒例の「たまひよ名前ランキング」として発表した。男の子は「蓮」(主な読みは「れん」)が3 年連続、女の子は「陽葵」(同「ひまり」)が5 年連続で 1 位となった。

男の子の「蓮」は、蓮(ハス)がしっかりと根を張る植物であることから力強さを感じさせ、短く呼びやすいことが人気の理由という。女の子の「陽葵」はヒマワリを連想させる名前で、「まっすぐな明るい子に」という親の願いが込められているようだ。

男女とも「あおい<蒼・葵>」が順位上昇

男の子の2位は「陽翔」(はると、前年は6位)、女の子の2位は「結菜」(ゆいな、同4位)となり、「陽」「結」などの言葉が順位を上げた。ベネッセは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、「明るさ」や「つながり」など「未来への願いを込めた名前」が人気を呼んだとみている。

男の子の3位は「蒼」(あおい)、4位は「樹」(いつき)、5位は「湊」(みなと)。女の子の3位は「莉子」(りこ)、4位は「芽依」(めい)、5位は「紬」(つむぎ)だった。

男の子の「蒼」は初のトップ3 入り。女の子の名前として文字は異なるものの、「葵」(あおい)は前年の8位から6位に順位を上げている。ベネッセは「男女を問わないジェンダーレスの名前の人気が高まっている」とみている。

男の子は「蓮」「蒼」「樹」「湊」「律」など漢字一文字の名前がトップ10 のうち半分を占め、人気が定着してきているという。女の子も「紬」「葵」「凛」「澪」などがトップ10入りするなど、漢字一文字は人気だ。

「凪」人気の要因は?

今回の調査で特に目立ったのは、「凪」(なぎ)という名前が男女ともに急上昇したことだ。「凪」は「平穏」や「穏やか」といった意味を持つ言葉だ。

「凪」は男の子の名前としては、前年の92位から26位に浮上。女の子の名前としては、前年の60位から20位にランクアップし、ともに上昇率でトップとなった。

男女ともに急上昇したことから、ベネッセは「ジェンダーレスな名前として選ばれた」とみている。

また、テレビで話題になったことも「凪」人気の一因と考えられる。最近のTBS系列の人気テレビドラマ「凪のお暇」に登場。人気マンガ「鬼滅の刃」の登場人物、冨岡義勇が使う技の名前にも「凪(なぎ)」があり、「凪は2020 年に露出が増えた漢字のひとつ」だという。いつの時代も子供の名前は世相を反映するようだ。