岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち極右と呼ばれる「プラウド・ボーイズ」と行動を共にした夜

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち極右と呼ばれる「プラウド・ボーイズ」と行動を共にした夜

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち極右と呼ばれる「プラウド・ボーイズ」と行動を共にした夜の画像

リベラル系のメディアが「極右でネオファシストの自警団」と呼ぶ「Proud Boys(プラウド・ボーイズ)」。白人至上主義、人種差別主義、過激派組織――。さまざまなレッテルを貼られる彼らの素顔はどうなのか。

今回の米大統領選は不正だと固く信じ、全米から首都ワシントンにトランプ支持者が集結した日(2020年11月14日)の夜、私は彼らと行動を共にすることにした。

メディアは「極右でネオファシストの自警団」とも

いつか、プラウド・ボーイズに直接、話を聞いてみたいと思っていた。正午に始まったトランプ支持者の大規模な集会で、私は彼らと遭遇できなかった。

夜、彼らを探し求めてトランプ支持者の溜まり場のバーに行ってみると、「さっきまでここにいたのに」と支持者の1人が答えた。別の支持者に、その角のホテルの前にいるかも、と言われて行ってみると、10人ほどの男性グループが普通のジャケットやジーンズ姿でビール片手に立ち話していた。

「プラウド・ボーイズを見かけた?」と声をかけると、「僕たち全員、そうだよ」と1人が答える。彼はテネシー州から一晩かけてやってきた。全米の支部から、メンバーたちが集結している。

「あなたたちに直接、会いたくて、探していたの」と私が言った。

私は10月にニューヨークの五番街で行われたトランプ支持者の大集会で、プラウド・ボーイズのメンバーを見かけている。が、集会そのものの取材に忙しく、言葉を交わさなかった。集会は平和的に行われ、皆、陽気に楽しそうに歌い踊っていた。

しかし、途中から反トランプ派が罵声を浴びせ、液体入りのベットボトルや石を投げつけるなどしたことから、デモ行進の終着地タイムズスクエアでは激しい衝突が起こり、多くの逮捕者が出た。少なくとも私が見た限りでは、トランプ支持者側から暴力を仕掛けてはいないようだった。

「身元を知られると、自分や家族の身に危険が及ぶ」

プラウド・ボーイズについては、トランプ氏が大統領選最初の討論会(9月29日)で、「Proud Boys, stand back and stand by.(プラウド・ボーイズ、下がって待機せよ)」と発言したことで、「極右の暴力行為をあおっている」と非難を浴びた。

司会者に「白人至上主義者やミリシャ・グループ( 極右の民間武装団体)を非難する意志があるか」と問われたトランプ氏が、「非難しますよ。具体的にどんな名前をあげたらいいんですか」と聞き、バイデン氏が「プラウド・ボーイズ」と促したあとの発言だった。

トランプ氏は自身のこの発言を、「ただ、ANTIFA(アンティファ、反ファシスト)や左派についても、どうにかすべきだ」とフォローした。

あの発言について、ホテル前にいたプラウド・ボーイズの先ほどの男性に聞くと、穏やかに答えた。

「トランプは問い詰められて、ああ答えざるを得なかった。僕らが暴力的で差別主義者だというイメージは、左派が作り上げたものだよ。自分で調べてくれればわかるはずだ。僕らの団体は兄弟愛を大事にする。この国を愛する男性であるなら、人種や皮膚の色、性的指向がどうであろうと、喜んで受け入れるさ」

その場にいたメンバーは白人が多かったが、ベトナム系などの移民もいた。

「あなたたちが極右というのは?」
「極右というと怖いイメージがあるから、リベラルはそう呼びたいんだろ。極右団体があるのは事実だけど、僕たちは違う。少ないけれど、民主党支持者やリバタリアンもいるよ」
「男同士の繋がりを大事にして、男らしくありたいということだよ。少し前までそんなこと、普通だった」
「暴力的だと言われているのは?」
「僕らが暴力を仕掛けることはしない。攻撃するのはたいてい、アンティファのほうだ。僕らは攻撃されたら、身を守る。あいつら共産主義者は、自分たちと相容れない相手を黙らせるために、暴力を使う。今日のように僕らが集会をすると、そこへあいつらがやってきて妨害する。逆じゃないんだ。先週もナイフで、俺たちを刺そうとした」

彼は自身について「DT」とだけ、名乗った。

「アンティファに身元を知られると、自分や家族の身に危険が及ぶからな」と言った。

反トランプ派から攻撃を受ける動画

突然、辺りが騒がしくなってきた。プラウド・ボーイズたちが携帯電話で、トランプ支持者らが攻撃された動画を見せ合っている。

この日、町じゅうで、アンティファやBLM運動家の一部の過激派から、トランプ支持者が攻撃される事件が起きていた。

私も目撃したが、トランプ支持者が合衆国最高裁判所まで平和的に行進しているところへ、黒づくめのアンティファらしき集団が押しかけたが、警察隊がその間に入り、大事には至らなかった。

トランプ支持の旗や野球帽を被って歩いているだけで、大勢で取り囲み、旗や帽子を奪い取り、メガホンで「負け犬!」「出ていけ!」と脅し続ける。プラウド・ボーイズたちの携帯の動画には、歩いていた白人男性が背後から首に勢いよく腕をかけられ、うつ伏せの状態で地面に激しく叩きつけられ、顔面から大量の血を流している様子が写っていた。

別の動画では、胸に「トランプ」と書かれたTシャツ姿の高齢の白人男性が自転車で通りがかると、自転車を倒され蹴りを入れられている。そして、周りに集まった黒づくめのアンティファらしき集団に、「マザーファッカー!」「けだもの!」「クソ野郎!」「ここから出てけ!」と怒鳴られ続け、水をかけられた。

鎖を手にする男性が、「何のためにそれを持っているんだ」と声をかけるトランプ支持者に鎖で襲いかかり、警官に取り抑えられた。

反トランプの過激派が、トランプ支持者が滞在するホテルへ押しかけ、「出ていけ!」と連呼する。店の外のテーブルで食事するトランプ支持者たちに向かって、大型花火を投げ入れる。

プラウド・ボーイズの1人が、「これを見ろ。まさに今、起きていることだ」と自分の携帯を仲間たちに突きつけた。旗が燃やされている動画だった。

「数で 負けているため、これではやられる」

民主党のワシントン市長により改名されたホワイトハウス前の遊歩道「Black Lives Matter Plaza」には、いつも「BLM」運動の活動家たちが集まっている。そこにテントを張り、住み着いた人もいる。

そこで、警察支持やトランプ支持の旗、トランプ支持の帽子などを足でかき集め、上からガソリンらしきものをまき、火を点けている。

私が話していたプラウド・ボーイズの1人が、「ホテルにいるプラウド・ボーイズたちに、ここに直ちに集合するように言ってくれ!」と命令を出す。

 「女性が殴られている。ただ歩いているだけで、街じゅうで人々が襲われ、旗が燃やされている。『Black Lives Matter Plaza』に出動だ」

いつの間にか、ホテル前の車道に、ミリタリーベストに身を包み、大勢のプラウド・ボーイズが集まった。掛け声を掛けながら、ストレッチしている。

 「25人か。これだけいれば、大丈夫だ」と誰かの声がする。

しかし急遽、彼らは出動をやめた。

別の場所にいるリーダーから、「数で負けているため、これではやられる」と連絡が入ったという。

しばらくすると彼らに、「アンティファがこちらに向かっている」という情報が入った。

誰かが、「Stand back. Stand by.(下がって待機せよ)」と叫ぶ。討論会でトランプ氏が口にした、あの言葉だ。

アンティファと対抗するために、再び車道に並び歩き出す彼らのあとを追うと、「一緒に来るな。危険だ」と背の高い男性が私に言った。

「彼の言う通りにしろ」とDTが私を促した。

「離れているから、一緒にいさせて」という私に、「あいつらは君にも危害を加えてくる。俺たちと一緒にいれば、仲間だと思われる」と数人が言った。

「危害を加えられたら、君を守ることができない」 「守ってくれなくていいです」と私が言った。

トランプ支持者とアンティファの対決は、これまでもニューヨークで目の当たりにしている。ストリートやタイムズスクエアなど、街の人たちの目に触れるところで起きている。

少し離れて通行人の1人として見ているなら、彼らの許可はいらないだろう。トランプ支持者の女性たちも、彼らのあとを追っている。

「彼女は守らなくていいと言っている」と誰かが仲間に伝えると、それ以上、私を引き止めなかった。

突然浴びた「ペッパースプレー」

彼らは一斉に「Whose Street?(誰のストリートだ?)」「Our Street!(我々のストリートだ!」と叫びながら、前進していく。これはBLMの抗議デモでいつも叫ばれている文句と同じだ。そして、「Fuck ANTIFA!」とも連呼し始めた。

前方に黒づくめのアンティファ集団が立ちはだかっている。

突然、武装した警察隊が後ろからものすごい勢いで、太いタイヤ付きのマウンテンバイクのような自転車に乗って走り抜けた。

アンティファらしき集団の前、そしてプラウド・ボーイズの集団の前に、それぞれ一列に警官が並ぶ。自転車を横にして自分たちの前に置き、デモ隊が通れないようにブロックする。

アンティファ集団の中に、黒い傘をこちらに向けて指す人たちが見える。ペッパースプレーなどから、身を守るためだ。

 双方で激しい罵り合いが続くと、プラウド・ボーイズの中に紛れて私のすぐそばにいた中年の白人女性が、突然、泣き崩れた。

「アメリカは憎み合ってばかりいて、なぜ、愛を与え合うことができないの? あの子たち(アンティファ)はまだ子供よ。私にだって、子供がいるのよ」

小競り合いが起きそうになると、さらに両者の距離を取るために、警察隊が「Move back! Move back! (後ろに下がれ!)」と命令しながら、自転車をバンバンとこちらに移動し、後退りさせる。

一緒に行動しながらプラウド・ボーイズたちが、「大丈夫か」と何度も私に声をかけてくれた。

 「僕らは人種差別主義者なんかじゃないんだよ。君のことだって、大好きさ。でもあいつらのやることは、酷すぎる」と1人が言った。

突然、今来た方向に向かって、プラウド・ボーイズが一斉に走って戻り始めた。今度はそちらの方向から、アンティファが攻めてきているというのだ。

どこからともなく、別の警察隊が一斉に走り、両者の間に割り込もうとする。が、間に合わず、殴り合いが始まる。突然、異臭がし、急に鼻の中に唐辛子を入れられたような痛みを感じた。

すぐそばにいた男性が、「大丈夫か。僕もやられたよ」と声をかけてくれた。

道路脇にトランプ支持者の男性が座り込み、手で両目を押さえ、わめいている。別の男性がペットボトルに水を彼の目に流し続けているが、よほど痛いらしく号泣している。

 彼も私も「ペッパースプレー」を浴びたのだ。私はメガネとマスクをしていたので、直接、浴びることはなかったが、痛みは数時間、続いた。

「ケンカしたくて、やってんだよ」

ヘルメット姿の黒づくめの女性が、トランプ支持者の手から星条旗を奪い取った。それを取り返そうとする相手に、女性はナイフで襲いかかろうとした。別のトランプ支持の男性が自分のヘルメットで、彼女の被っていたヘルメットを叩いた衝撃で女性が倒れ、そのすきにナイフを取り上げた。

スケートボードで突撃してきた反トランプ派の青年とプラウド・ボーイがもみ合いになり、その男性はスケートボードを残して、逃げていった。「そんなもん、割ってやれ!」と誰かが声をかけると、プラウド・ボーイは真っ二つに叩き割り、半分を背中のリュックに突き刺した。

方向を変えて行進しては、アンティファと対決し、そこへ警察隊が駆けつける、というパターンが何度も続いた。プラウド・ボーイズたちの方が体格がよくて屈強なので、力では負けていない。

「やつらは俺たちに恐れをなした。もう大丈夫だ」 

プラウド・ボーイズたちは、「Back the blue!(警察を支持しろ!)」と叫び声を上げ、緊迫した状況で警備に当たる警官に感謝の思いを伝え、拍手を送り、「僕たちが協力しますから」などと話しかけていた。

「This is fun.(楽しいな)」とつぶやく声が聞こえる。

警官の黒人男性に私が、「なんだか子供のケンカみたいね」とつぶやくと、警官が言った。

「まったくそうだよ。ケンカしたくて、やってんだよ」

ふだんは男同士でつるんで大声で楽しくビールを飲み、「悪の敵」が襲ってきたら、自分たち男の手で女性や高齢者を守り、社会の秩序を保つ、ということだろう。

彼らは武器は持たないと言われるが、話を聞いてみるとそうとは限らないようだ。

複数のプラウド・ボーイズが、「僕らも、法に触れない範囲で、身を守るために武器を持つことはある」と私に話した。

深夜に「歩いて送っていくよ」と言ってくれた青年

トランプ支持者は、その夜遅くまで、星条旗やトランプ支持の大旗を翻して街じゅうを歩き回り、ワシントン記念塔やホテルの前などで立ち止まっては、右手を左胸に当てて星条旗に向かって「忠誠の誓い」を暗誦し、国歌や「God Bless America」を歌い、トランプ氏の勝利を誓い合っていた。その中にも、多くのプラウド・ボーイズたちがいた。

私は行動をともにし、零時過ぎにプラウド・ボーイズたちと出会ったホテルに戻った。

私のホテルはそこから歩いて20分くらいだったが、「Black Lives Matter Plaza」の近くだと知ると「それは危ない。アンティファに狙われる」と彼らが心配した。

今日、出会ったトランプ支持者の女性の何人かは、背の高い体格のいい男性と歩いていて、「この人、ボティガードなの」と私に紹介した。一緒に来られなかった夫や彼が心配して、友達に同行するように頼んだという。

ホテルの前にいたプラウド・ボーイズの男性が、「一緒に歩いて送っていくよ」と言ってくれたが、ほかのトランプ支持者のインド系の男性が、車で送ってくれるという。彼は別の女性2人にも声をかけ、1人は郊外のホテルだというのに、皆を送ってくれることになった。

ひと晩、プラウド・ボーイズたちと行動を共にしただけで、彼らがどういう人間か分かろうはずもない。私が自分の目で見て、体験したことを、今回は文字にした。

いつか、彼らが「敵」とみなすアンティファの声も、じっくり紹介したいと思う。

私は一日中、何も飲み物を口にしていなかったので、喉がカラカラだった。

車を待つ間、さっき「歩いて送っていくよ」と言ってくれたプラウド・ボーイズの男性が、缶ビールを空けて半分、私に注いでくれた。

きりりと冷えたビールが、こんなに美味しいと思ったのは、久しぶりだ。

その日はひと晩中、歓声や奇声が絶えなかったが、幸い銃声はなく、ワシントンの夜は更けていった。(随時掲載)

++ 岡田光世プロフィール
おかだ・みつよ 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。米中西部で暮らした経験もある。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計40万部。2019年5月9日刊行のシリーズ第9弾「ニューヨークの魔法は終わらない」で、シリーズが完結。著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。