「コミケで毎回1500人が献血していた」 中止の影響のNHK報道にツイッター反響

「コミケで毎回1500人が献血していた」 中止の影響のNHK報道にツイッター反響

「コミケで毎回1500人が献血していた」 中止の影響のNHK報道にツイッター反響の画像

世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット」(通称・コミケ)の中止が、首都圏を中心とした輸血用の血液不足に大きな影響を与えている。

2020年12月26日のNHKの報道が反響を呼んでいる。

年末エアコミケでも献血応援イベント開催

NHKの報道によると、日本赤十字社はこの数年、コミケ会場におよそ30台の献血バスを出して協力を呼びかけていた。例年夏・冬に開催されるコミケは延べ50万人が参加する人気イベントで、毎回1500人ほどの協力が得られていたという。

だが、2020年夏のコミケは開催中止、冬のコミケは21年5月に延期となった。

NHKの報道はツイッターでも大きな注目を集め、その影響力には驚きの声が寄せられている。

「コミケで毎回1500人が献血していたとは驚きました」
「コミケと献血の関係って結構深いんだなぁ」
「コミケの献血ってすごいのな」

12月に東京ビッグサイトで開催される予定だった冬のコミケは延期となったが、12月30日・31日にオンラインでの同人誌即売会「エアコミケ2」が開催される。コミケを主催する団体はこのエアコミケの開催に合わせて、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の赤十字血液センターで400mLの献血をした人に、ポスターセットをプレゼントするキャンペーンを実施する(〜21年1月31日)。首都圏を中心とした血液不足解消の一手となりそうか。