羽田雄一郎氏「コロナ急逝」 死因発表まで1日...立憲、対応追われる

立憲民主党の羽田雄一郎参院議員が急逝 死因発表まで1日、永田町緊迫「刺殺」デマも

記事まとめ

  • 立憲民主党の羽田雄一郎参院議員(53)が27日午後に急逝し、永田町に衝撃が走った
  • メディアも死因には触れず、ウィキペディアでは「27日自宅前で刺殺され死去」とデマも
  • 枝野幸男代表も対応に追われるなか、28日18時頃に福山哲郎幹事長が死因がコロナと発表

羽田雄一郎氏「コロナ急逝」 死因発表まで1日...立憲、対応追われる

羽田雄一郎氏「コロナ急逝」 死因発表まで1日...立憲、対応追われる

羽田雄一郎氏「コロナ急逝」 死因発表まで1日...立憲、対応追われるの画像

立憲民主党の羽田雄一郎参院議員(53)が2020年12月27日午後に急逝した。通常、著名人の死去はその死因も一緒に明らかになることが多いが、羽田氏の死因が新型コロナウイルス感染症だと明らかになったのは、訃報からまる1日が経とうとする頃だった。

羽田氏は数日前から発熱を訴えており、PCR検査を受けようとする矢先の急逝だった。現職国会議員としては初のコロナによる犠牲者に、永田町は一転、緊迫ムードだ。

新聞の訃報でも詳細わからず

羽田氏は故・羽田孜元首相の長男で、1999年の参院長野選挙区の補選で民主党(当時)から出馬し、初当選。民主党の野田政権では国交相を務め、政権転落後は国民民主党を経て、合流新党(現・立憲民主党)に参加。20年10月には会派の参院幹事長に就任していた。

羽田氏の訃報が伝わったのは20年12月27日夜。日本テレビが19時16分、TBSが19時18分にニュース速報のテロップで羽田氏の死去を伝えた。それ以外のメディアも相次いで訃報を流したが、いずれも死因には触れておらず、憶測が広がった。そんな中で19時23分、何者かがウィキペディアの羽田氏の項目に「2020年12月27日自宅前で刺殺され死去」と書き込んだ。出典も示されない「デマ」の類の書き込みで、直後に削除されたが、憶測に拍車をかける形になった。

20時26分になって立憲の福山哲郎幹事長は

「ご病気によるご逝去と伺いました。あまりに突然のことで、悲しみで言葉もありません。明日、立憲民主党として改めてご報告させていただきます」

とツイートし、急逝の原因は「病気」だと明らかにした。ただ、その後も情報は乏しく、例えば朝日新聞の12月28日付朝刊に掲載された訃報でも死因には言及していない。羽田氏が数日前から風邪の症状を訴えており、PCR検査を控える中での容体急変だったことに触れたうえで、福山氏のツイートを引用するにとどめていた。

枝野氏も言及せず

急逝だったのは間違いないようだ。羽田氏と同じ参院長野選挙区選出の杉尾秀哉参院議員は、12月23日に羽田氏と一緒の新幹線で上京し、「東京駅の改札口で別れたのが最後」だったことをフェイスブックの12月28日付けの書き込みで明かした。杉尾氏の書き込みでは、

「その後、発熱があり、日曜日にはPCR検査の予定が入っていたと聞いていましたので、きのう夕方、関係者から電話があった時には、てっきり検査結果の連絡かと思っていました。それが、突然の訃報だったとは...」

などと驚きを隠さない。

ただ、12月28日午後の段階でも死因は発表されなかった。立憲・枝野幸男代表は記者団に対して、訃報について「衝撃を受けている」としたうえで、

「病院に運ばれた段階ではすでに亡くなられていたということで、検死等の手続きをされているということだ」と説明している。枝野氏としては、事実関係を整理した上で会見に臨む考えだったが、「若干遅れるそうだという連絡が入った」ため、先にお悔やみについてコメントすることにしたという。

立憲の広報担当者は16時時点で、発表の見通しについて「最終確認中で分からない」と話すなど、混乱が続いたが福山氏は18時頃に記者会見を開き、羽田氏の直接の死因が新型コロナウイルス感染症だったことを明らかにした。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)