老舗ゲーセン「シルクハット池袋」閉店、23年の歴史に幕 「長い間ありがとう」ファンから感謝の声

東京都豊島区の老舗ゲームセンター「シルクハット池袋」が閉店 ファンから感謝の声

記事まとめ

  • 東京都豊島区のゲームセンター「シルクハット池袋」(旧GAMEサントロペ池袋)が閉店した
  • 池袋が舞台のアニメ「デュラララ!!」に登場したことなどから多くの人々に親しまれた
  • シルクハット池袋は営業を終えてTwitterで感謝し、ファンからは惜しむ声が寄せられた

老舗ゲーセン「シルクハット池袋」閉店、23年の歴史に幕 「長い間ありがとう」ファンから感謝の声

老舗ゲーセン「シルクハット池袋」閉店、23年の歴史に幕 「長い間ありがとう」ファンから感謝の声

老舗ゲーセン「シルクハット池袋」閉店、23年の歴史に幕 「長い間ありがとう」ファンから感謝の声の画像

東京都豊島区の老舗ゲームセンター「シルクハット池袋」(旧GAMEサントロペ池袋)が2021年1月11日、閉店した。

ファンからはたくさんの感謝の声が寄せられている。

「本当に素晴らしいゲームセンターだった」

池袋駅東口サンシャイン通りのランドマーク。多数のゲームセンターがひしめき合う激戦区で23年間営業を行ってきた。人気アーケードやプリクラなどのロケテストが行われたことや、池袋を舞台とするアニメ「デュラララ!!」に登場したことなどから多くの人々に親しまれてきた。

20年12月1日に公式ツイッター上で、21年1月11日での閉店が発表されていた。シルクハット池袋は最後の営業を終えた後、公式ツイッター上でこう述べた。

「お客様へ 23年間という大変長い間、ありがとうございました。先ほど営業を終了し、最後のお客様に『ありがとうございます』を言える事ができました。永きにわたる御声援と御愛玩を、誠にありがとうございました」

ファンからは惜しむ声や、これまでの感謝の声が寄せられている。

「最終日まで筐体のメンテが良く、本当に素晴らしいゲームセンターだったと思います。長い間ありがとうございました」
「池袋に行くとよく立ち寄ったゲームセンターでした 23年間、ありがとうございました」