人が苦しむ「紛争鉱物」は使いません タイガー魔法瓶の宣言に反響→担当者に真意を聞いた

人が苦しむ「紛争鉱物」は使いません タイガー魔法瓶の宣言に反響→担当者に真意を聞いた

人が苦しむ「紛争鉱物」は使いません タイガー魔法瓶の宣言に反響→担当者に真意を聞いたの画像

「武装勢力の資金源として採掘されている鉱物を使いません」――真空断熱ボトル(水筒)などで知られるタイガー魔法瓶(大阪府門真市)の「NO・紛争鉱物」という宣言に注目が集まっている。

J-CASTニュースはこの取り組みについて、同社のステンレスボトルブランドマネージャーを務める南村紀史さんに取材した。

「人の苦しみの上につくられた原材料は、一切使いません」

タイガー魔法瓶は20年7月、同社の真空断熱ボトルにおける「4つの約束」として、環境・人権・健康への取り組みを公式サイト上に掲載した。

このうちの一つ「NO・紛争鉱物」について21年2月上旬、あるツイッターユーザーが「紛争鉱物使ってないとか初めてこんな表記見た!」とシェアした。するとそのツイートは大きく拡散され、ウェブニュースなどでも取り上げられるなど話題となった。

紛争鉱物とは、アフリカ諸国などの紛争や内戦の絶えない地域で採掘された鉱物。アメリカのドット・フランク法ではスズ、タンタル、タングステン、金の4種の鉱物と定められている。武装勢力の資金源となることを防ぐため、世界的に規制が進められている。

タイガー魔法瓶も人権配慮という観点から使用していない。「4つの約束」を発表するにあたっては、すべてのサプライヤーに協力してもらい、武装勢力の資金源となっていないことを、樹脂やステンレス材などの原材料にまでさかのぼって確認したとのこと。

タイガー魔法瓶の特設サイトでは、

「武装勢力の資金源として採掘されている鉱物を使いません。
また15歳以下の労働者のいる企業に発注しません。
人の苦しみの上につくられた原材料は、一切使いません」

と宣言している。

「4つの約束」では紛争鉱物不使用のほかに、フッ素コートの不使用や、丸投げ生産を行わない、プラスチックごみを減らすというメッセージを発信している。

反響がさらに好循環を生み出した

2月12日、J-CASTニュースの取材に応じた南村さんはこうした取り組みについて、「業界としては当たり前だと思ってやってきたこと」だと話す。

取引先やサプライヤー向けには以前から共有していたものの、「大々的にエンドユーザーに伝える」ことはなかったという。しかし今後、グローバル市場に進出していくためには、環境・人権・健康への配慮といった観点を訴えることが必要だと考えた。

「タイガー魔法瓶は23年で創業100年を迎えます。次の100年、グローバルマーケットに商品を展開するうえで、環境や人権への配慮といった観点が重要だと考えています。そこでタイガーとしてのメッセージ、企業理念を伝えていこうと公開しました」

先述したように、「NO・紛争鉱物」の取り組みを紹介したツイートが大きな注目を集めたことについて、南村さんは「私たちも非常に驚きました」と話す。

「紛争鉱物の不使用は他社のCSRの文脈でも含まれていると思います。しかし日本では、エンドユーザーの方々にあまり認知されていなかった。しかし世界ではこの観点は切っても切れないものとなっており、日本の中でも認知が上がっていくだろうなと思いますし、我々がそれを発信できればという思いもあります」

今回の反響を受けて、社内の意識も変わったそうだ。

「開発の部隊もこれまでは機能性やスペックを挙げていこうという観点で開発に取り組んできましたが、この反響を受けて『こういう風に製品を進化させたら4つの約束のイメージももっと強くなりますよね』と提案してくれました。社内の意識も向上して、本当に良いサイクルが出来上がったと思います」

今後は海外にもメッセージを発信

またタイガーはこのほかにも、人権・健康・環境に訴求する取り組みを行っているという。

水・衛生専門の国際NGOである「ウォーターエイド」とパートナーシップを締結し、売上金を寄付することで、開発途上国の人々に清潔な水と衛生環境を届けていくという。

この寄付対象となる商品は抗菌加工を施した新作ボトルで、抗菌製品技術協議会が制定したSIAAマークを取得している。

「今はやはり世界中でコロナなどが話題となっています。皆さんの衛生意識に寄り添った商品を開発提供していこうということで、国内で唯一SIAAという認定をもらったボトルを発売しました。飲み口に抗菌対応した樹脂を使っておりまして、衛生面に配慮した商品をラインナップすることで、メッセージの発信とともに商品を提供するという活動をしております」

そして今後はこうしたメッセージや商品を国内だけでなく、海外に押し出していきたいと抱負を語った。

「4つの約束を宣言した目的は、グローバルマーケットに向けてタイガー魔法瓶をアピールしていきたいという思いからでした。世界に向けてもこうしたメッセージを発信し、コミュニケーションをとっていきたいです」