「ゲーム依存症」が「治療法のある病気」? 広告が「差し替え」に...久里浜医療センターと市に顛末を聞いた

「ゲーム依存症」が「治療法のある病気」? 広告が「差し替え」に...久里浜医療センターと市に顛末を聞いた

「ゲーム依存症」が「治療法のある病気」? 広告が「差し替え」に...久里浜医療センターと市に顛末を聞いたの画像

「『依存症』は治療法のある病気です」――京急品川駅に掲示されている独立行政法人国立病院機構「久里浜医療センター」の広告が2021年3月上旬、差し替えられた。依存症の例としてあった「ゲーム依存症」の記載がなくなった。

ゲーム依存症については確定的な診断マニュアルや治療方法がないとされているため、SNS上ではこの広告に疑問の声が上がっていた。

「確定的な知見と治療法の集積はない状態」

久里浜医療センターの広告は「『依存症』は治療法のある病気です」というキャッチコピーを掲げ、「依存症対策全国センター」のロゴ内に依存症の例として当初「アルコール健康障害」「ギャンブル等依存症」「ゲーム依存症」が記載されていた。

J-CASTニュースはこの広告を3月4日に品川駅で確認した。しかし8日に再度確認すると、ロゴから「ゲーム依存症」の記載がなくなり、「薬物依存症」と書かれたものに差し替えられていた。

ゲーム依存症については、2018年にWHOが発行した国際疾病分類第 11 版(ICD-11)にに収載されている。翻訳の都合で「ゲーム障害」と表現されることもある。

J-CASTニュースは21年3月5日、厚生労働省の精神・障害保健課依存症対策推進室にゲーム依存症について電話で取材した。担当者よれば、ゲーム依存症(ゲーム障害)は「ICDでも診断のマニュアルなどは策定されていない」として、ゲーム依存症の定義に関わりうるような症状は把握していないという。また、「確定的な知見と治療法の集積はない状態」とのことだった。

「『依存症』は治療法のある病気です」というキャッチコピーで当初「ゲーム依存症」を掲げた上記の広告は、ツイッター上の投稿を参照すると、20年11月末には掲示されていたようだ。

しかし21年2月、SNS上で「ゲーム依存症」への注目度が高まる中でこの広告は「誇大・虚偽広告ではないか」と問題視されるようになっていった。同月は、鹿児島県警察本部サイバー犯罪対策課が「ゲーム障害という精神疾患」という文言を使ってツイートしたのに対して、「国内診断基準は決まってない」、「警視庁としての公式見解なのか」といった声が寄せられ、同課はツイートを削除の上、謝罪した。

「医療広告ガイドライン」に抵触する可能性

厚生労働省の見解では明確な診断や治療法が確立していないという「ゲーム依存症」を、「治療法のある病気」と思わせるような広告を掲示することは問題ないのだろうか。

医療広告は一般的に、医療機関を所管する自治体が審査している。J-CASTニュースは3月5日、久里浜医療センターが所在する神奈川県横須賀市の健康部保健所健康づくり課・医事薬事担当者に取材を申し込み、8日に同広告への見解を得た。

「本広告に対しては口答、メールにて全ての依存症に対して治療法があると捉えられる広告となっており、誇大広告とも捉えかねない内容のため、全ての依存症に治療法があるということが確証できないのであれば、誇大及び虚偽広告として扱われるため、掲載は不可です。と指示しております。
それに対し、先方からは全ての依存症に対し依存症を軽減させる治療法があるので、誇大及び虚偽ではないと聞いております」

担当者は、「当市としては、前記のとおり指示しており、全ての依存症に対し少なくとも治療法があると病院側から聞いておりましたので、虚偽・誇大までとは捉えない判断をした」と話す。しかし、次のように指示もしていたとする。

「また、誇大と捉えられないために治療の実証がある依存症の明記等の指示も併せてしたところでありますが、実際の広告では反映はされておりませんでした」

またインターネット上での「誇大広告ではないか」といった声については初耳だったとして、今後はこうした声も踏まえた対応に努めるという。

「貴重なご意見と捉え、厚生労働省及び神奈川県担当と協議し、医療監視での注意事項としても検討のうえ、今後の対応に努めたいと思います」

J-CASTニュースはこれらを踏まえ8日、久里浜医療センターに「ゲーム依存症」を記載した理由、「ゲーム依存症」を「薬物依存症」に差し替えた理由、久里浜医療センターの「ゲーム依存症」に関する見解について取材を申し込んだ。

「横須賀市保健所に照会した際には、特に指摘はなかった」

久里浜医療センターの事務部企画課担当者は12日、「ゲーム依存症」を記載した理由と看板を差し替えた理由について合わせて文書でこう回答した(回答は原文ママ)。

「『ゲーム依存症』は、厚労省より発出された依存症対策全国拠点機関設置運営事業実施要綱にすでに収載されている。そのため、当センターの看板にも使用した。しかし、依存症対策全国センターのロゴはまで変えておらず、そこには『ゲーム依存症』が入っていないため、現行のロゴに復帰させた」

また「ゲーム依存症」について、厚生労働省は「ICDでも診断のマニュアルなどは策定されていない」、「確定的な治療方法は承知していない」と回答したが、久里浜医療センターとしてはこう考えているという。

「・いわゆる『ゲーム依存症』とは、ゲーム障害(症)と同じ概念である。
・ゲーム障害とは、世界共通の診断基準である WHO の国際疾病分類第 11 版(ICD-11)に収載された精神疾患の一つである。
・また、ゲーム障害が ICD-11 に収載される前には、2013 年アメリカ精神医学会が、インターネットゲーム障害の予備的診断基準をすでに公表している。
・特にこの公表以後、ゲーム障害に関する治療研究が海外で行われ、その有効性に関する論文が公表されている。
・当センターにおいては、2014 年より文部科学省の委託を受けた国立青少年教育振興機構とネット依存に対するキャンププログラムを共催し、その有効性について、すでに英文の論文で公表している。また、ゲーム障害の治療法の開発とその有効性についても研究を行っている。
・当院での新規外来患者の予約状況から、わが国には、治療を必要としているゲーム障害患者が多数存在していると推察され、我々が行った 2020 年秋の調査によれば、わが国には当センターも含めてゲーム障害に対する専門治療を提供している医療機関が少なくとも 89 存在し、その数は年々増えている。また、子どものゲームの過剰使用や対応法等について、家族や教育機関から、当院や精神保健福祉センター等の専門機関に、数多くの相談が寄せられている。
・当センターはこの喫緊のニーズに対応することが重要と考えている」

そのうえで「京急品川駅への掲載時に業者を通じて横須賀市保健所に照会した際には、特に指摘はなかったとの事である」と述べた。

これについて12日、再び横須賀市の担当者に確認した。担当者は、業者を通して指示が伝わっていなかったのではないかと考察する。また当該広告について、「現在、厚生労働省に問い合わせを行っております。見解次第では、指導を検討いたします」と現況を明かした。

(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)