1985年の日航機墜落事故から12日で33年 「御巣鷹の尾根」の麓を流れる川で灯籠流し

記事まとめ

  • 1985年の日航機墜落事故から12日で33年を迎えるが、遺族らが11日夕、灯籠流しをした
  • 灯籠流しの場所は墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」の麓を流れる神流川
  • 黙とうをささげた遺族らは、亡き人への思いを乗せた色とりどりの灯籠を川面に浮かべた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております