ポケットベルに再び脚光 電波が建物内でも届きやすい特性を持ち、防災に期待も

記事まとめ

  • 手軽な通信手段として1990年代に普及したポケットベルが再び脚光を浴びている
  • 使用する特有の電波「ポケベル波」が建物内でも届きやすく、自治体が期待を寄せている
  • 西日本豪雨では受信できないとの指摘はなく「避難に大変役立った」との声も届いたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております