1年先の季節風を予測=最新数値モデルで―気象庁・東大

 アジアに吹く季節風「アジアモンスーン」について、気象庁と東京大の研究チームが1年先の影響を予測することに成功した。同庁の最新の数値シミュレーションモデルを使った成果。研究が進めば、農業などでの活用が期待できるという。論文は7日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。

 研究チームは最新モデルを使い、1980〜2016年の夏のデータから1年先のモンスーンの影響を計算。実際の気象データと比較した結果、モンスーンの吹き方や熱帯インド洋の海面水温、東南アジアの気温などが予測可能なことが分かった。

 太平洋赤道域東部の海面水温が平年より高くなる「エルニーニョ現象」が起きた翌年、インド洋の海面水温が高まる現象も高い精度で予測できたという。 【時事通信社】