16歳女性虐待死か=母親らは自殺、搬送―和歌山

少女虐待死か 母親と妹自殺

 和歌山市加納の集合住宅で心肺停止状態で見つかり、その後死亡が確認された女性(16)の死因が全身打撲による外傷性ショックだったことが11日、和歌山県警の調べで分かった。県警は虐待死した疑いがあるとみて捜査を始めた。母親(37)は女性の妹(4)と共に自殺したとみられ、母親の夫は路上にうずくまっているのが見つかり、病院に搬送されたという。

 県警などによると、9日午後2時20分ごろ、母親から「娘が意識も呼吸もなく、血のようなものを吐いている」と119番があった。救急隊が駆け付けた際、女性は心肺停止状態で、腹部に打撲痕のようなあざがあった。

 部屋には母親と妹、母親の夫がいたが、母親と妹は同日午後4時40分ごろ、関西空港連絡橋(大阪府泉佐野市)付近の海に浮いているのが見つかり、共に死亡が確認された。母親の夫は同日夜、和歌山市湊の路上でうずくまっているのが見つかり、病院に搬送された。搬送時、「カフェインを飲んだ」などと話したという。

 県児童相談所によると、13年に女性が虐待を受けている疑いがあるとの通報を受け、調査や指導を実施。14年に支援を終えたという。 【時事通信社】

×