元近大教授を再逮捕へ=司法解剖検査でも水増し疑い―大阪府警

 近畿大医学部法医学教室の元主任教授巽信二容疑者(66)=詐欺罪などで起訴、懲戒解雇=らが大学から経費を詐取したとされる事件で、巽容疑者が司法解剖の検査料も水増し請求した疑いが強まり、大阪府警は16日にも詐欺容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、巽容疑者は府警から依頼された司法解剖で、実際には行っていない検査をしたように装い費用を府警に請求した疑いが持たれている。詐取した金額は過去5年間で数千万円に上るとみられる。 【時事通信社】