MINI3.1万台リコール=燃料漏れの恐れ

MINI3.1万台リコール=燃料漏れの恐れ

MINI 6車種3万台リコール

MINI3.1万台リコール=燃料漏れの恐れ

独自動車大手BMWのロゴ(AFP時事)

 独自動車大手BMWの日本法人は16日、燃料漏れの恐れがあるとして、普通乗用車「MINI Cooper D」など6車種計3万1172台(2016年3月〜20年7月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると、燃料ポンプの取り付けに問題があり、他の部品と接触して摩耗し、燃料漏れを起こす可能性がある。不具合が20件確認されているが、事故やけが人はないという。 【時事通信社】