ワクチン1494回分廃棄=冷蔵庫コンセント抜け―滋賀・東近江

ワクチン1494回分廃棄=冷蔵庫コンセント抜け―滋賀・東近江

滋賀でワクチン1494回分廃棄

ワクチン1494回分廃棄=冷蔵庫コンセント抜け―滋賀・東近江

ワクチンを保管する冷凍庫に多く使われる形状の電源プラグ

 滋賀県東近江市は17日、蒲生支所の新型コロナウイルスワクチン集団接種会場で、ワクチンを保管する冷蔵庫内が適正温度を超えたため、1494回分を廃棄すると発表した。冷蔵庫のコンセントが抜けかかった状態になっていたという。

 市によると17日朝、コンセントが抜けかかっているのを職員が発見。冷蔵庫の自動記録表を確認したところ、16日午後4時ごろから温度が上昇していたことが分かった。

 16日の最終接種分を取り出した午後3時には、異常がないことを職員が確認している。抜けかかった原因は不明という。 【時事通信社】