国立競技場で女性に乱暴=容疑でウズベキスタン人逮捕―警視庁

 国立競技場(東京都新宿区)の観覧席で女性に性的暴行を加えたとして、警視庁組織犯罪対策2課などは18日、強制性交等容疑で、ウズベキスタン国籍で愛知県内の私立大学生ダヴロンベク・ラフマトゥッラエフ容疑者(30)を逮捕した。

 同課によると、同容疑者は東京五輪大会のプレスセンターで食事を提供する会社のアルバイトで、競技場内の通行証を所持していた。「嫌がっていなかった」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は16日午後9時ごろ、競技場の観覧席や通路で、五輪関係のアルバイトの20代女性に乱暴した疑い。

 2人は16日に知り合い、同容疑者は閉会式のリハーサルを一緒に見ようと女性を誘い出した。暴行の様子の一部が防犯カメラに映っていたという。 【時事通信社】