米国人親子に実刑判決=「司法侵害極めて大きい」―ゴーン被告逃亡手助け・東京地裁

米国人親子に実刑判決=「司法侵害極めて大きい」―ゴーン被告逃亡手助け・東京地裁

逃亡手助け米国人親子に実刑

米国人親子に実刑判決=「司法侵害極めて大きい」―ゴーン被告逃亡手助け・東京地裁

東京地裁が入る裁判所合同庁舎(東京都千代田区)

 日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(67)の国外逃亡を助けたとして、犯人隠避の罪に問われた米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」元隊員で米国籍のマイケル・テイラー被告(60)と息子のピーター被告(28)の判決が19日、東京地裁であり、楡井英夫裁判長は「刑事司法の侵害の程度が極めて大きい」としてマイケル被告に懲役2年(求刑懲役2年10月)、ピーター被告に懲役1年8月(同2年6月)を言い渡した。

 楡井裁判長は、逃亡によりゴーン被告の裁判の見込みが全く立っていないと指摘。弁護側は2人が同被告に利用されたと主張したが、周到な準備の上、「職業的な手際の良さで前代未聞の海外逃亡を完遂した」と述べ、関与は積極的だったと認定した。

 ゴーン被告から逃亡前だけで計86万米ドル余りの送金を受けており、「動機は主として報酬目的だった」と言及。マイケル被告が主導したが、ピーター被告も必要不可欠かつ重要な役割を果たしたと述べ、罪を認めていることなどを踏まえても実刑は免れないとした。 【時事通信社】