酒井政利さん死去=音楽プロデューサー、85歳

酒井政利さん死去=音楽プロデューサー、85歳

酒井政利さん

 山口百恵さんや松田聖子さんらのヒット曲を手掛けた音楽プロデューサーの酒井政利(さかい・まさとし)さんが16日午後7時5分、心不全のため東京都内の病院で死去した。85歳だった。和歌山県出身。葬儀は近親者で済ませた。

 立教大卒業後、1961年に日本コロムビアに入社。64年の日本レコード大賞を受賞した青山和子さんの「愛と死を見つめて」などを担当した。

 68年にCBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)に移籍。山口百恵さんの「秋桜」「プレイバック part2」、キャンディーズの「微笑がえし」、ジュディ・オングさんの「魅せられて」、久保田早紀さんの「異邦人」、松田聖子さんの「裸足の季節」など多数のヒット曲を生み出し、「伝説のプロデューサー」と呼ばれた。 【時事通信社】