「厳正公平、不偏不党旨に」=甲斐新検事長が会見―東京高検

「厳正公平、不偏不党旨に」=甲斐新検事長が会見―東京高検

就任会見する東京高検の甲斐行夫検事長=20日午後、東京・霞が関

 福岡高検検事長から16日付で就任した甲斐行夫東京高検検事長(61)が20日記者会見し、「近年、犯罪が複雑化、巧妙化し、証拠収集や真相解明が非常に困難になっている。厳正公平、不偏不党を旨に真摯(しんし)に努力していく」と抱負を述べた。

 甲斐氏は検察での捜査、公判部門に加え、法務省勤務も長い。公判を担当したオウム真理教事件では、遺族や被害者らと直接向き合い、その後法務省で被害者保護に関する法改正にも携わった。「あの経験が今の(自分の)活動にも影響を与えている」と語った。 【時事通信社】