両陛下、五輪ソフト活躍喜ぶ

 宮内庁は21日、天皇、皇后両陛下が東京五輪の開幕競技となったソフトボール初戦で勝利した日本選手の活躍を喜ばれたと明らかにした。対戦したオーストラリア選手についても、外出制限など制約がある中での健闘をたたえていたという。

 側近によると、両陛下は東日本大震災で被災した福島県で開催された試合に深い関心を寄せていた。始球式を務めた同県いわき市の中学生が復興五輪の思いを込めて投球したと報道で知り、感慨深い様子だったという。 【時事通信社】