群馬と京都で36.3度=連休も熱中症防止を―気象庁

 日本列島は連休初日の22日も大半の地域で晴れ、35度以上の猛暑日になる所が多かった。気象庁によると、群馬県桐生市と京都市、京都府福知山市で36.3度、兵庫県丹波市で36.1度、埼玉県の熊谷市と鳩山町、岐阜県美濃市で36.0度を観測した。

 気象庁は少なくとも連休明けまでは最高・最低気温とも平年並みか平年より高い所が多いとして、熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 【時事通信社】