京都大が世界で初めてパーキンソン病患者の脳にiPS細胞を移植 50歳代男性患者

記事まとめ

  • 京都大学が人工多能性幹細胞(iPS細胞)をパーキンソン病患者の脳に世界初の移植
  • 患者は50代男性で容体は安定しており、安全面を検証して半年後に脳の右側にも移植する
  • パーキンソン病は脳内でドーパミンを出す神経細胞が減り体が動かしにくくなる難病

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております