先島諸島、暴風高波や大雨も=台風14号、12日ごろ通過へ

台風14号先島諸島で暴風警戒

 猛烈な台風14号は10日午後、フィリピン北部の東海上を北西へ進んだ。12日から13日にかけ、台湾と沖縄県・先島諸島の間を非常に強い勢力で通過する見込み。気象庁は暴風や高波に厳重に警戒し、大雨に十分注意するよう呼び掛けている。

 14号はその後も東シナ海を北上するとみられるが、進路予想が定まっておらず、九州方面に向かう恐れもある。

 先島諸島で12日に予想される最大瞬間風速は20〜60メートル、波の高さは6〜9メートル。

 14号は10日午後6時、フィリピン北部の東海上を時速15キロで北北西へ進んだ。中心気圧は920ヘクトパスカル、最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートル。半径85キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側280キロ以内と西側165キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 【時事通信社】