藤井四冠、王将戦挑戦者に=初の「10代五冠」へ7番勝負―将棋

藤井四冠、王将戦挑戦者に=初の「10代五冠」へ7番勝負―将棋

第71期王将戦挑戦者決定リーグで近藤誠也七段(手前)を破り、感想戦で対局を振り返る藤井聡太四冠=19日午後、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)

 将棋の藤井聡太四冠(19)=竜王、王位、叡王、棋聖=が19日、第71期王将戦挑戦者決定リーグで近藤誠也七段(25)に勝って5連勝とし、24日の最終局を待たずに挑戦権を獲得した。来年1月に開幕する7番勝負で、史上初の10代での五冠達成を懸け、渡辺明王将(37)=名人、棋王を合わせ三冠=に挑む。

 慎重な攻防が続いた中盤、藤井四冠が歩を使った巧みな攻めで局面を打開。終盤も正確に攻めをつなぎ、食い下がる近藤七段を投了に追い込んだ。

 終局後、藤井四冠は「成績はあまり意識せずに1局1局のつもりで指してきた。結果として実力以上の成績を残せた」と語り、7番勝負に関しては「渡辺王将は作戦巧者。しっかり対応できるよう頑張りたい」と話した。 【時事通信社】