小学生55%が接種希望=保護者側は7割超す―コロナワクチン・成育医療研

 新型コロナウイルスワクチンについて、小学生の55%が「接種をすぐに受けたい」と考えていることが20日、国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)の調査で分かった。保護者側も7割超が子どもへの迅速な接種を希望していた。

 日本では現在、12歳以上がワクチン接種の対象だが、小学生の大半が該当する5〜11歳の接種が米国で始まり、厚生労働省分科会でも議論が続く。承認されれば来年2月にも接種が始まる可能性があるが、子どもは感染しても大半が軽症か無症状のため慎重論も根強い。

 同センターは9月、今夏の「第5波」を受けて緊急アンケートを実施。小学1年〜高校3年の1271人と保護者5807人から回答を得た。

 「接種をすぐに受けたい」と答えたのは小学1〜3年は50%、4〜6年は60%で、小学生全体では55%だった。理由としては「特に家族や友達にうつしたくない」「友達ともっと遊べるかもしれないから」との声が出る一方、「打たないことでいじられそうだから」との意見もあった。

 「受けたくない」と答えたのは、小学1〜3年は42%、4〜6年は33%だった。理由としては「痛いから」「打ったら気が緩む気がする」などが挙げられた。

 保護者側では、小学1〜3年の71%、4〜6年の76%が「すぐに受けさせたい」と回答。「基礎疾患があるので重症化が心配」「祖父母に会わせたい」などが理由に挙がった。一方、「受けさせたくない」はそれぞれ23%、20%で、理由としては「長期的に副反応が生じないのか慎重に検討したい」などの意見が寄せられた。

 アンケートでは、小学1年〜高校3年の子ども全体で38%が「直近1週間で学校に行きたくないと思ったことがある」と回答した。新型コロナ感染への恐怖や、部活動がないことなどが理由に挙げられた。 【時事通信社】