東海から北海道、大雨警戒=前線通過へ―気象庁

東海から北海道、大雨警戒=前線通過へ―気象庁

東海から北海道で大雨に警戒

東海から北海道、大雨警戒=前線通過へ―気象庁

気象庁=東京都港区

 低気圧が急速に発達しながら日本海北部の中国大陸沿岸を北上し、低気圧から西日本に前線が延びている影響で、22日午前は西日本を中心に雨が降った。前線は同日夜にかけ、日本列島を西から東へ通過する見込み。気象庁は東海から北海道では大雨に警戒するよう呼び掛けた。東北と北海道では24日にかけて暴風や高波にも警戒が必要。

 和歌山県日高川町では22日午前7時25分すぎまでの1時間に32.5ミリの激しい雨が降った。

 23日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、北海道150ミリ、東海と関東甲信120ミリ、東北100ミリ。

 23日にかけての最大瞬間風速は北海道35メートル、東北30メートル。波の高さは北海道と東北、北陸で6メートルと予想される。 【時事通信社】