「のだめ」マンホール登場=埼玉県日高市〔地域〕

 埼玉県日高市は、漫画「のだめカンタービレ」のキャラクターなどが描かれたマンホールのふたを駅周辺や市役所市民プラザなど市内8カ所に順次設置している。10月1日に迎えた市制施行30周年の記念事業の一環。

 同作の作者である漫画家の二ノ宮知子さんが市内出身であることが縁で実現した。のだめキャラクターのふたは2種類。これに加え、テレビ番組「まんが日本昔ばなし」の作家で墨絵画家の又野龍也さんも、自然が残る市の風景を描いており、計3種類のふたを作製した。

 市は12月28日まで市庁舎の1階ロビーにも3種類のマンホールを展示している。30周年を機に、公共下水道への関心を深めてもらいたい考えだ。 【時事通信社】