「一家標的」なた準備し家特定=夫婦殺害容疑で少年再逮捕―山梨県警

「一家標的」なた準備し家特定=夫婦殺害容疑で少年再逮捕―山梨県警

甲府放火 殺人で19歳再逮捕

「一家標的」なた準備し家特定=夫婦殺害容疑で少年再逮捕―山梨県警

山梨県警察本部が入る県防災新館=甲府市

 甲府市で民家が放火され夫婦の遺体が見つかった事件で、山梨県警は22日、殺人容疑で市内の少年(19)を再逮捕した。県警によると、少年は容疑を認め、「一家4人全員を殺そうと思った」とする一方、「大変なことをしてしまった」と供述しているという。

 少年が直前になたなどを準備し、家族の後をつけて自宅を調べていたことも判明。夫婦の長女に一方的に好意を寄せていたといい、県警は事件に至る経緯を慎重に捜査している。

 逮捕容疑は10月12日午前3時半から同50分ごろまでの間、同市蓬沢の会社員井上盛司さん(55)方で、井上さんと妻章恵さん(50)を用意した複数の刃物で刺して殺害した疑い。一部の傷は臓器にまで達していた。

 捜査関係者によると、少年は「事前に父親の車の後をつけて家を特定した」と供述。事件の数日前には、なたや果物ナイフ、ライター用オイル、衣類、食料品を相次ぎ購入していた。

 当日は家の窓ガラスを割って侵入したとみられる。殺害後は証拠隠滅のため放火したと説明し、「空き家に身を潜めるつもりだったが、逃げ切れないと思い出頭した」と話したという。

 少年は現住建造物等放火容疑で再逮捕されたが、甲府地検は22日、井上さんの次女に対する傷害容疑と同様、放火容疑についても処分保留とした。 【時事通信社】