北海道と東北、暴風高波警戒=低気圧や前線で―気象庁

北海道と東北で暴風高波警戒

 急速に発達する低気圧が日本海北部付近を北東へ進み、低気圧から延びる前線が日本列島を通過した影響で、22日午後は広い範囲で雨が降り、北海道を中心に風が吹き荒れた。気象庁は、北海道と東北では24日にかけて暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。北陸も大しけの恐れがある。

 北海道稚内市の宗谷岬では、22日午後4時20分すぎに最大瞬間風速26.7メートルを観測した。

 23日にかけて予想される最大瞬間風速は北海道35メートル、東北30メートル。波の高さは北海道と東北、北陸で6メートルの見込み。

 23日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、北海道120ミリ、東北80ミリ、関東甲信60ミリ。 【時事通信社】