邸宅侵入事件の起訴取り消し=「証拠の精査不十分」―大阪地検

邸宅侵入事件の起訴取り消し=「証拠の精査不十分」―大阪地検

大阪地方検察庁

 大阪地検は22日、邸宅侵入罪で在宅起訴した被告の起訴を取り消したと発表した。被告は2017年11月、大阪市のマンションの共用部分に1階出入り口から侵入したとして、昨年10月に在宅起訴されていた。

 地検は「証拠の精査が不十分だったと言わざるを得ない」とした。

 被告の弁護人によると、被告が携帯電話で撮影したとされるマンションの動画の撮影日が17年9月と判明し、起訴時に邸宅侵入罪の公訴時効(3年)が成立していたため起訴を取り消すと、検察側から今月連絡があったという。弁護人は、そのような動画は存在しないと主張している。

 被告は、他3件の罪で在宅起訴されており、大阪地裁で公判前整理手続きが行われている。 【時事通信社】