藤井四冠「熱戦にできれば」=将棋・王将戦挑戦で会見

藤井四冠「熱戦にできれば」=将棋・王将戦挑戦で会見

王将戦挑戦者決定記者会見で写真撮影に応じる藤井聡太四冠=24日午後、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)

 将棋の藤井聡太四冠(19)=竜王、王位、叡王、棋聖=が24日、東京都内で行われた第71期王将戦挑戦者決定リーグで永瀬拓矢王座(29)に敗れ、5勝1敗で同リーグの全対局を終えた。

 対局終了後、記者会見した藤井四冠は、既に決めている王将戦7番勝負への挑戦について「非常に歴史のあるタイトル。熱戦にできれば」と語った。

 7番勝負の第1局は来年1月9、10日、静岡県掛川市で開催される。史上初の10代での五冠達成を懸けて挑む渡辺明王将(37)=名人、棋王を合わせ三冠=に対しては、藤井四冠は「作戦巧者の印象があり、そこで差をつけられないようにしたいと思っている」と気を引き締めていた。 【時事通信社】