オオトカゲ一種最古の化石=1億1000万年前―兵庫

オオトカゲ一種最古の化石=1億1000万年前―兵庫

オオトカゲの一種最古の化石

オオトカゲ一種最古の化石=1億1000万年前―兵庫

兵庫県丹波市で見つかった世界最古のモンスターサウリア類の下顎の骨の化石=25日

 兵庫県立人と自然の博物館は25日、大型草食恐竜「丹波竜」の化石が見つかった篠山層群(同県丹波市)で、オオトカゲ類の一種「モンスターサウリア類」では世界最古となる新種の化石が見つかったと発表した。世界で十数例しか報告がなく、国内では初という。

 2019年の同市上滝地区の発掘調査で、丹波竜が出土した約1億1000万年前(前期白亜紀)の地層近くから、下顎の骨の一部がほぼ完全な状態で見つかった。これまでの最古は北米の約1億年前のもので、約1000万年さかのぼる。

 歯の形状が「もろ刃の剣」に似ていることから、「モロハサウルス・カミタキエンシス」と命名。北中米で生息するドクトカゲの仲間に当たり、骨の大きさから全長は30〜40センチメートルと推定された。 【時事通信社】