「生活保護受けたかった」=逮捕の伯父、困窮し不満か―兄弟死亡放火・兵庫県警

「生活保護受けたかった」=逮捕の伯父、困窮し不満か―兄弟死亡放火・兵庫県警

放火"生活保護受けたかった"

「生活保護受けたかった」=逮捕の伯父、困窮し不満か―兄弟死亡放火・兵庫県警

兵庫県警察本部=神戸市中央区

 兵庫県稲美町で住宅が全焼し、小学生の兄弟が死亡した放火事件で、殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕された伯父の無職松尾留与容疑者(51)が、「生活保護を受けたかった」と供述していることが26日、捜査関係者への取材で分かった。県警は同容疑者が生活に困窮し、同居する妹家族へも不満を募らせた可能性があるとみて詳しい動機を調べる。

 捜査関係者によると、松尾容疑者は数年前から、兄弟の母に当たる妹の家族と同居していたが、仕事に就いていなかった。外出することはほとんどなく、自室に引きこもりがちだったという。 【時事通信社】