日本海側など大雪警戒続く=交通に影響―気象庁

日本海側など大雪の警戒続く

 日本列島は14日も強い冬型の気圧配置となり、北海道から中国地方にかけての日本海側を中心に雪が降った。気象庁は引き続き大雪や猛吹雪、高波に警戒するよう呼び掛けた。

 大雪の影響で、JRは東海道・山陽新幹線に遅れが生じ、上越線や高山線などの一部区間で運転を見合わせた。高速道路は愛知、岐阜両県の名神高速や東海北陸道などの一部区間が通行止めになった。

 14日午前8時までの24時間降雪量は、岐阜県白川村で71センチ、長野県野沢温泉村で59センチ、新潟県妙高市で57センチを観測した。

 15日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、関東甲信と北陸60センチ、北海道と東海50センチ、近畿と中国25センチ。北海道では14日の最大瞬間風速が35メートルと予想され、北海道と北陸、近畿の波の高さは6メートルの見込み。 【時事通信社】