北海道は暴風雪警戒=強い冬型、西から緩む―気象庁

北海道は暴風雪警戒=強い冬型、西から緩む―気象庁

北海道あすまで暴風雪に警戒

北海道は暴風雪警戒=強い冬型、西から緩む―気象庁

気象庁=東京都港区

 強い冬型の気圧配置の影響で、日本列島は14日も北海道から中国地方にかけての日本海側を中心に雪が降った。冬型の気圧配置は西から次第に緩む見通しだが、気象庁は北海道では15日まで大雪や暴風雪、高波に警戒するよう呼び掛けた。積雪の多かった地域では交通の障害や路面の凍結、雪崩、落雪に注意が必要。

 大雪の影響で、日本航空と全日空は合計で約100便が欠航し、約4000人に影響。JRは東海道・山陽新幹線に夕方まで遅れが生じ、在来線は函館線や奥羽線、上越線、高山線など一部区間で運転を見合わせた。高速道路は愛知県で名神高速の一部区間が通行止めになったが、解除された。

 14日午後5時までの24時間降雪量は群馬県みなかみ町と岐阜県白川村で54センチ、岩手県西和賀町で51センチを観測。大都市のピーク時の積雪は京都市で8センチ、名古屋市で1センチとなった。

 北海道で15日にかけて予想される最大瞬間風速は35メートル、波の高さは6メートル。15日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で50センチ。 【時事通信社】