アベノマスク責任者、証人出廷へ=情報公開訴訟、契約過程を尋問―大阪地裁

アベノマスク責任者、証人出廷へ=情報公開訴訟、契約過程を尋問―大阪地裁

倉庫に保管されている大量の布マスク=2021年12月、東京近郊

 安倍政権時代に新型コロナウイルス対策として配布された布マスク「アベノマスク」について、販売業者との契約をめぐる情報を開示しないのは違法として、神戸学院大の上脇博之教授が開示などを求めた訴訟で、大阪地裁(山地修裁判長)は14日までに、厚生労働省と文部科学省から派遣された「マスクチーム」の実務責任者2人を証人尋問することを決めた。

 原告側の代理人弁護士が明らかにした。5、6月の2回にわたり発注や契約の過程を尋問する。

 これまでに国側は、業者とやりとりした文書は契約書や納品書を除いて保有しておらず、メールも「廃棄した」と説明。原告側は、契約の単価や発注経過を明らかにするよう求めていた。

 地裁は13日の弁論で、原告側の申し立てを認め証人採用を決定。ユースビオ(福島市)や伊藤忠商事などの受注企業に対し、国側とのメールの任意提出を求めることも決めた。

 代理人弁護士は「国民の財産約500億円が支出された経過は明らかにされるべきだ。当時の担当者の口から公開で語られる意義は大きい」としている。 【時事通信社】