奄美、岩手に一時津波警報=太平洋沿岸広域に注意報も―トンガ海底火山噴火が原因・気象庁

奄美、岩手に一時津波警報=太平洋沿岸広域に注意報も―トンガ海底火山噴火が原因・気象庁

太平洋沿岸で津波注意報継続

奄美、岩手に一時津波警報=太平洋沿岸広域に注意報も―トンガ海底火山噴火が原因・気象庁

気象衛星ひまわりが観測したトンガ諸島付近の海底火山噴火(上から順に日本時間15日午後1時半、同2時、同2時半に観測)(気象庁ホームページより)

 気象庁は16日午前0時15分、鹿児島県の奄美群島とトカラ列島津波警報(津波高さ予想3メートル)、北海道から鹿児島県の太平洋沿岸や沖縄県、伊豆・小笠原諸島などに津波注意報(同1メートル)を発表し、沿岸部では直ちに避難するよう呼び掛けた。同2時54分に岩手県の津波注意報を警報に引き上げたが、その後奄美群島やトカラ列島の警報とともに注意報を経て午後2時に解除した。その他の地域の注意報も併せて全面解除された。沿岸での作業や釣りをする際は、引き続き注意が必要という。

 南太平洋のトンガ諸島付近で15日午後1時10分ごろ(日本時間)に海底火山の大規模な噴火が起きたのが原因だが、地震に伴う津波とは異なるという。日本で前回津波警報を発表したのは2016年11月の福島県沖地震で、福島、宮城両県が対象だった。

 潮位は鹿児島県奄美市・小湊で15日午後11時55分に1.2メートル上昇。岩手県久慈市・久慈港では16日午前2時26分に1.1メートルの上昇を観測した。北海道浜中町や小笠原諸島・父島、和歌山県串本町、高知県土佐清水市などでは90センチ上昇した。

 政府は16日、首相官邸危機管理センターに官邸連絡室を設置した。総務省消防庁の同日午前7時半時点のまとめでは、青森から鹿児島まで少なくとも8県の約10万8700世帯、計約22万9200人に避難指示が出された。

 気象庁は15日午後7時すぎの時点では、日本の太平洋沿岸では若干の海面変動が起きる可能性があるが、津波による被害の心配はないとの津波予報を発表した。しかし、気象庁の宮岡一樹地震情報企画官は16日未明に記者会見し、予想される海面変動の発生時刻より早く、15日午後8時ごろから日本沿岸で潮位の上昇を観測し始め、その後大幅な上昇があったため、津波警報・注意報を発表したと説明した。

 潮位の上昇が観測され始めたころと同時に、全国各地で気圧が2ヘクトパスカル程度上昇する現象が観測された。この気圧の変化が潮位の上昇に関係しているとみられるが、メカニズムは分からないという。 【時事通信社】