政府が国際捕鯨委員会を脱退し商業捕鯨再開方針 欧米の反発を懸念も

記事まとめ

  • 政府が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し商業捕鯨を30年ぶりに再開する方針
  • 日本の捕鯨発祥の地とされる和歌山県太地町の三軒一高町長は政府の方針を歓迎した
  • 町民の男性は昔の文化の復活を心待ちにしていると語る一方、欧米の反発を懸念した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております