立ち往生車内は一酸化炭素中毒に注意 マフラー周辺は定期的に除雪を呼びかけ

記事まとめ

  • 大雪や暴風雪で立ち往生した自動車のマフラーが雪でふさがれCO中毒になる事故が多発
  • COは無色無臭なため察知するのが困難で、車内流入後1、2時間で危険な状態になるという
  • 専門家はマフラー周辺の定期的な除雪を呼び掛け、車内に毛布やスコップの常備も勧める

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております