側溝遺体は29歳無職男性=頭など10カ所以上刺し傷―愛知県警

側溝遺体は29歳男性で失血死

 愛知県知立市の道路脇の側溝で殺害された男性の遺体が見つかった事件で、県警安城署捜査本部は12日、男性の身元について、同県岡崎市井田新町、無職三浦正裕さん(29)と確認したと発表した。司法解剖の結果、死因は刃物で複数回刺されたことによる失血死だった。

 捜査関係者によると、三浦さんは上半身裸で、頭や上半身に10カ所以上の刺し傷や切り傷があり、抵抗時に付いたとみられる傷もあった。横たわっていた側溝には格子状のふたがされ、遺体を隠すように、周囲に生えていたとみられる草花や土で覆われていた。 【時事通信社】