玉城デニー県知事の式辞(要旨)=沖縄復帰50年

玉城氏"平和で豊かな沖縄に"

 沖縄県は50年前の1972年5月15日に日本復帰を果たし、社会基盤の整備によって本土との格差は縮小され、社会経済は着実に進展した。しかしながら、1人当たり県民所得は全国平均の水準に達しておらず、自立型経済の構築はなお道半ばにある。

 本土復帰に当たって沖縄県と政府が共有した「沖縄を平和の島とする」目標が、50年たってなお達成されていない。政府は、沖縄の本土復帰の意義と恒久平和の重要性について国民の認識の共有を図り、すべての県民が真に幸福を実感できる平和で豊かな沖縄の実現に向けて取り組んでほしい。

 沖縄県民はアジア太平洋地域の持続的安定と平和に貢献し、自立と自主性が尊重された「時代を切り開き、世界と交流し、ともに支え合う平和で豊かな『美ら島』おきなわ」の未来に向かい力強くまい進する。 【時事通信社】