2年弱で14件事故=大阪のトランポリン施設名公表―消費者庁

 トランポリン施設でけがが相次いでいるとして、消費者庁は20日、消費者安全法に基づき、アミューズメントパーク「てんとう虫パークBIGSTAGE河内長野店」(大阪府河内長野市)の施設名を公表し、注意喚起した。

 同庁によると、2020年12月〜22年8月に全国のトランポリン施設で起きた事故は22件だったが、半数以上の14件が同施設で発生。同庁が利用客らに聞き取り調査をした結果、宙返りなど危険な行為について係員から事前説明はなく、監視員もチケット確認など他の業務との兼任が疑われ、事故対策が不十分だったという。

 施設内では宙返りをして腰から落ち、腰椎を圧迫骨折した例や、高く跳びすぎてバランスを崩して落下し、左肘の骨が曲がった例が確認された。 【時事通信社】