米大使館前で火薬所持=容疑で大学生を逮捕―警視庁

米大使館前で火薬所持=容疑で大学生を逮捕―警視庁

警視庁本部=東京都千代田区

 米国大使館前の路上で火薬を所持したとして、警視庁公安部は20日、火薬類取締法違反容疑で、大阪府吹田市出口町の大学生小山尚吾容疑者(26)を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は8月8日午後9時ごろ、東京都港区の米国大使館前の路上で、コップに入れた火薬約160グラムを所持した疑い。

 捜査関係者によると、自宅近くのコインロッカーから火薬の原料とみられる物質が押収されており、公安部は自作したとみて調べている。

 公安部などによると、大使館前で警備をしていた機動隊員が、不審な動きをした小山容疑者に声を掛けたところ、ポケットから粒状の物質が入ったコップが見つかった。「ネットで火薬の作り方を学んだ。大使館に投げ入れるために来た」と話し、鑑定で火薬と判明した。組織的な背景や銃器の製造は確認されていないという。 【時事通信社】