東海や関東に台風接近か=日本南方の低気圧、発達見込み―気象庁

 気象庁は22日午後、日本列島の南方海上にある熱帯低気圧が今後北上し、台風に発達する見込みだと発表した。23日夜から24日にかけて紀伊半島や東海、関東の沿岸に接近し、25日朝までに温帯低気圧に変わると予想される。

 近畿や東海、関東甲信では25日にかけて大雨になる所があるとみられ、同庁は強風や落雷、高波とともに注意するよう呼び掛けた。

 一方、北海道では前線の通過に伴い、23日昼すぎから24日に日本海側南部や太平洋側西部で激しい雨が降る見込み。

 23日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海200ミリ、近畿180ミリ、関東甲信100ミリ、北海道80ミリ。その後、24日午後6時までの同雨量は、近畿100〜200ミリ、関東甲信と東海100〜150ミリ、北海道50〜100ミリ。 【時事通信社】