【九州豪雨】行方不明者の捜索や孤立集落での救助活動が続く 発生から72時間が経過

記事まとめ

  • 福岡、大分両県では8日も、行方不明者の捜索や孤立集落での救助活動が続けられた
  • 福岡県内では20人以上と連絡が取れず、大分県では依然、500人超が孤立している
  • 福岡県に大雨特別警報が出されてから、生存率が下がる目安の一つとされる72時間が経過

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております