チンパンジーがじゃんけん学習=認知能力、4歳の子どもと同程度−京大

チンパンジーがじゃんけん学習=認知能力、4歳の子どもと同程度−京大

コンピューターを使ってじゃんけんを学習するチンパンジー(京都大霊長類研究所提供)

 京都大の松沢哲郎特別教授(比較認知科学)らの研究グループは、チンパンジーがじゃんけんを学習することを発見したと発表した。松沢特別教授は「チンパンジーには人間の4歳程度の認知能力があることが示された」としている。研究成果は10日、霊長類学の学術誌「プリマーテス」電子版に掲載された。
 研究グループは、チンパンジーの手の写真を編集し、コンピューター画面に「グー」と「チョキ」、「チョキ」と「パー」、「パー」と「グー」のいずれかを表示。チンパンジーが勝ちの方を選べば、チャイムが鳴り、リンゴや干しブドウのいずれかの食べ物がもらえる。14〜38歳の7頭を対象に、1日144回の訓練を行った結果、平均で約100日間で5頭がほぼ完全に習得、残る2頭も70〜80%程度の正答率を示した。
 一方、生後35〜71カ月の人の子ども38人にも人の手の写真で同様の方法で行ったところ、4歳程度になるとじゃんけんを習得できることが分かった。