「明治」は天皇がくじを引いて決定 近代以降の元号最終案はいずれも3案

記事まとめ

  • 4月1日の新元号の発表まで1カ月を切り、当日は最終的に閣議で決定する
  • 「昭和」までは最終決定権を持っていたのは天皇、「明治」は天皇がくじを引いて決めた
  • 近代以降の最終案は3案で、「平成」の時は「修文」とともに「正化」が最後まで残った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております