津波警報、更新方法改善=高さの予測精度向上−気象庁

津波警報 高さ予測精度向上

 気象庁は26日、津波注意報・警報を最初に地震に基づく予測で発表した後、沖合で実際に観測された津波のデータを取り込んで更新する方法を改善したと発表した。太平洋側で活用する海底津波計が大幅に増え、津波の波源と広がりの全体像を推定できるようになったためで、沿岸に到達する津波の高さをより正確に予測できる見込み。

 これまではブイの波浪計や海底津波計で津波を観測すると、津波が最寄りの沿岸まで直進すると仮定し、高さを予測していた。しかし、海底地形などの影響で直進せず、予測精度が下がる場合があった。 【時事通信社】