業務ソフト悪用、高級車盗む=被害7億円超、容疑で男逮捕−大阪府警

高級車窃盗で逮捕 被害7億円

 鍵業者が使うパソコンソフトを悪用し、高級車窃盗を繰り返したとして、大阪府警捜査3課は26日までに、窃盗容疑で大阪市平野区平野西、無職菱田健太郎容疑者(37)を逮捕した。被害は7億円相当に上り、「盗んだ車を売り生活していた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年9月、大阪市内の駐車場で「ランドクルーザー」1台(約1000万円相当)を盗むなどした疑い。

 同課によると、ソフトは車の電子キーの信号を複製する仕組みで、同種ソフトは鍵業者が紛失対応などに使っている。菱田容疑者はピッキングなどでドアロックを解除。ソフトを入れた自分のパソコンを車に接続してエンジンをかけ、数分で乗り去っていた。 【時事通信社】