子宮頸がん記事で「名誉棄損」 信州大元教授が訴え月刊誌Wedge側に330万円の賠償命令

記事まとめ

  • 月刊誌Wedgeが、子宮頸がんのワクチン研究について「捏造」だとする記事を掲載
  • 信州大元教授の池田修一氏が、発行元と執筆者らを相手に訴訟を起こした
  • 男沢裁判長は名誉毀損を認め、Wedge側に330万円の支払いと謝罪広告の掲載などを命じた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております